興福寺と会津展実行委員会(福島県立博物館、福島民友新聞社、福島中央テレビ)
福島復興祈念展 興福寺と会津〜徳一がつないだ西と東
四天王立像 増長天 勝常寺 重要文化財 撮影:藤森武
四天王立像 広目天(東金堂) 興福寺 国宝 ©飛鳥園
四天王立像 増長天 勝常寺 重要文化財 撮影:藤森武
四天王立像 広目天(東金堂) 興福寺 国宝 ©飛鳥園
福島民友新聞社創刊125周年事業 福島中央テレビ開局50周年事業
興福寺と会津展実行委員会(福島県立博物館、福島民友新聞社、福島中央テレビ)
福島復興祈念展 興福寺と会津〜徳一がつないだ西と東
福島復興祈念展 興福寺と会津〜徳一がつないだ西と東
福島復興祈念展 興福寺と会津〜徳一がつないだ西と東
福島復興祈念展 興福寺と会津〜徳一がつないだ西と東
福島復興祈念展 興福寺と会津〜徳一がつないだ西と東

日本有数の寺院・興福寺の
国宝・重要文化財が会津に

 

 興福寺と会津―。この縁(ゆかり)は平安時代初期にさかのぼります。奈良・興福寺から会津の地を訪れた高僧・徳一がもたらした信仰・文物をもとに、会津の仏教文化は「仏都会津」と称されるほど花開きました。

 本展は、東日本大震災復興によせる興福寺の思いを受けて実現。徳一が生きた時代の仏像をはじめ、国宝3件、国指定重要文化財8件を含む興福寺の寺宝の数々をご紹介します。あわせて、徳一を開祖とする慧日寺伝来の品々など、徳一ゆかりの寺院の寺宝と会津の仏教美術をご紹介し、徳一が会津に開いた道をたどります。

 興福寺は度重なる戦乱や災害によって大きな被害を受けながらも復興をなしとげ、各時代の新たな文化を築いてきました。長いときを守り伝えられ、人々の思いが託されてきた祈りのかたち。ぜひご覧ください。

 

興福寺の寺宝徳一時代とそれから

福島県で初めて興福寺の寺宝を公開します

 「仏都会津」とも称される会津の仏教文化は、平安時代初期にさかのぼります。奈良・興福寺からこの地に訪れた僧・徳一がもたらした信仰・文物をもとに会津の仏教文化は花開きました。
 本展では、東日本大震災復興への祈りとして興福寺より格別のご高配をいただき、徳一が生きた時代の仏像をはじめ、国宝3件、重要文化財8件を含む興福寺の寺宝の数々をご紹介いたします。興福寺は戦乱によって大きな被害を受けながらも復興をなしとげ、鎌倉時代の新たな文化を築いた拠点でもありました。その文化の力に福島が学ぶことは多いはずです。
 徳一がつないだ縁(えにし)のもとに、興福寺の寺宝を会津の地で多くの方にご覧いただければ幸いです。

維摩居士坐像 興福寺 国宝

特別公開
※7月6日(土)~7月15日(月・祝)のみ展示

法相六祖坐像 常騰 興福寺 国宝

主な展示作品

  • 薬師如来坐像 興福寺 重要文化財
  • 地蔵菩薩立像 興福寺 重要文化財
  • 法相六祖坐像 善珠 興福寺 国宝
  • 慈恩大師画像(大乗院伝来) 興福寺 重要文化財 ※前期
  • 法相曼荼羅図 興福寺 奈良県指定文化財 ※後期
  • 春日社寺曼荼羅図 興福寺 ※前期
  • 成唯識論 興福寺 重要文化財
  • 色紙薬師経 興福寺 重要文化財

四天王像 多聞天 興福寺(東金堂所在)国宝

玄奘像 ※後期

梵天像 ※前期

護法善神像 興福寺 重要文化財

成唯識論 興福寺 重要文化財

©飛鳥園
 

成唯識論 興福寺 重要文化財

玄奘像 ※後期

梵天像 ※前期

護法善神像 興福寺 重要文化財
©飛鳥園

徳一と会津

四天王立像 持国天 勝常寺 重要文化財
撮影:藤森武

十一面観音菩薩立像 明光寺 福島県指定文化財
撮影:藤森武

徳一坐像 勝常寺 湯川村指定文化財
撮影:藤森武

白銅三鈷杵 恵日寺 奈良時代(8世紀) 重要文化財

慧日寺絵図 恵日寺 福島県指定重要文化財

主な展示作品

  • 大日如来坐像 泉福寺 福島県指定重要文化財
  • 地蔵菩薩坐像 真福寺 福島県指定重要文化財
  • 聖観音菩薩立像 羽黒山湯上神社 福島県指定重要文化財
  • 吉祥天立像 個人蔵 重要文化財
  • 仏涅槃図 観音寺 福島県指定文化財
  • 釈迦十六善神像 正徳寺 福島県指定文化財
  • 十二天図 福島県立博物館

展覧会概要

会期2019年7月6日(土)~8月18日(日)

※会期中展示替えを行います。前期は7月6日(土)~7月28日(日)、後期は7月30日(火)~8月18日(日)
会場福島県立博物館 企画展示室・部門展示室(福島県会津若松市城東町1-25)
http://www.general-museum.fks.ed.jp/
観覧時間9:30~17:00(入場は16:30まで)
休館日7月8月(月)・16日(火)・22日(月)・29日(月)・8月5日(月)は休館
観覧料金 一般・大学生 1300円(1000円)
高校生 800円(640円)
中学生以下無料。
()内は前売り・20人以上の団体

チケット詳細はこちら
主催興福寺と会津展実行委員会(福島民友新聞社・福島中央テレビ・福島県立博物館)
特別協賛シグマ
協賛リオン・ドールコーポレーション、会津信用金庫、I&Iグループ、会津土建、秋山ユアビス建設
特別協力法相宗大本山 興福寺
共催磐梯町、会津若松市、喜多方市、西会津町、会津坂下町、湯川村、柳津町、会津美里町、磐梯山慧日寺資料館、会津若松観光ビューロー
協力飛鳥園、藤森武、極上の会津プロジェクト協議会、会津の文化×地域振興プロジェクト協議会
後援福島県、福島県教育委員会、福島県仏教会、会津若松商工会議所、下郷町、桧枝岐村、只見町、南会津町、北塩原村、猪苗代町、三島町、金山町、昭和村、読売新聞東京本社福島支局、朝日新聞福島総局